Visit our archive

こんにちわ!

台風が2週続きましたね><!
今日の東京は、台風一過はどこへやら、寒い雨になりました。

私はといいますと、先日の10月13日の月曜祝日、
生憎の台風の日となりましたが、

東京都杉並区にあります「音や金時」にて
フラメンコギターの巨匠、日野道生氏の「日野道生祭り」に
バイラオーラ(フラメンコダンサー)として
お招きいただき、舞って参りました!

10701974_720087968073661_1891967468131271200_n

この「日野道生祭り」どんな会なのか、
ファイアーダンスあり、ウードあり、琵琶あり
もちろんフラメンコあり。。

フタを開ける前から
中身には期待がいっぱいでしたが、

開けたら、そこは
まさに宝箱以上!!

「パフォーマンス」

タイトルが心に染み入るアートの世界となりました。

IMG_6343

左より日野道生氏、ウードの常見祐司氏

 

10728872_720173158065142_1277932691_n

左よりウードの常見祐司氏と琵琶の塩高和之氏

 

「普段なかなか機会のない他のジャンルの方々に触れて
お互いに良い刺激になったらいいなぁって思うんです。」
談:日野道生氏

フラメンコギターのマエストロ、
日野道生氏の世界

そこに
集まった凄いアーティストの皆さん

なんだか、フラメンコのダンサーとして
そこに存在したのが
私で良かったのか。。。
そこは、私の中の問題として、
今後の新しい課題になってゆくところですが。。

外から見えたフラメンコ。。。
どんな風に映ったのでしょうね。。。

この日、道生さんからの私が頂いた「お題」は
「祭りですから、普段できないこと、やっていいんですよ!
好きなことやって下さい!」

一晩考えて。。。

「出来るだけ飾らずに踊りたい」

IMG_7512

ジーンズに水玉のジャケット
(フラメンコの魂の水玉模様は外せません)

黒のTシャツ

頭に薔薇はつけず
手に持って登場し

一瞬くわえて、
投げ捨ててから踊ってみました。
(フラメンコでは、薔薇の花はくわえません)

IMG_4548

フィエスタで踊る以外で
衣裳としてジーンズで踊るのは初めてでしたが
肩から力が抜けて
開放されたみたいな
不思議な心地よさがありました。

 

IMG_2814
「着地は此処 野分を跨ぐ 踊り靴」
書・俳句ともに 音金ママ
写真手前はナガッチョ氏

 
またしても
中にも外にも

新しい風を送り込んで下さった
フラメンコギターのマエストロ
日野道生氏!!

 

先生と呼ばれるのを嫌う道生さんですが
心からの敬意と感謝から
せめてここのHPだけでも
マエストロ(巨匠)という敬称をつけさせて下さい!!

今回出会えた
素晴らしいミュージシャンや
アーティストの方と

共演出来る場所を作っていける
アーティストに
自らがなれるよう

今回も心に道標を頂きました。

本物のアーティストのあり方
それを見せてくれる道生さんに

師というもののあり方が見えるのです!
そして、敬意という言葉以外が出てこないのです!

今回出会えた方々と

マエストロに心からの感謝を送りたい!!

本当に、ありがとうございました!

 
topの写真 左より
パフォーマーのナガッチョ氏、日野道生氏、バイオリニストのご友人

 

 

  • Name (Required)

  • Email (Required, but not published)

  • Url (Optional)

  • Comment (Required)