Visit our archive

こんばんわっ :mrgreen:

「フラメンコって水玉の衣装が多いんですか」

確かに、水玉の衣装は多いんです。

しかしながら、スペインはアンダルシアのフラメンコを創った
Gitano(ヒターノ/ジプシー)たちが残した文献もなく、
今日においても、彼らが何処から来たのかすら解っておりません。

従って、フラメンコ=水玉ということについても
伝承された話などで、正確な話というものが、どこにあるのかは
解らないのですが、私の知っている範囲のお話と、私の見解で説明します。

 

諸説ありますが。。。

スペイン語でluna(ルナ/月)が由来というのは共通のようです。
lunares(ルナーレス/水玉)というのを念頭に説明されています。
その昔、Gitano(ヒターノ/ジプシー)が月信仰であったから、
ヒターノ達は好んで水玉の衣装を身に付けるようになった・・・

だから、フラメンコはヒターノの象徴である水玉を着るようになった。

これは、どこかで聞いた話なんですが、非常にロマンティックで、
諸説ある中で中で、私は、これが好きです。

 

ホクロもスペイン語で同じくlunaと言います

女性の顔のホクロ(特に口元)がセクシーの象徴であったから。。

なるほど。。
それで、セクシーに見えるために沢山、luna付けてみたって、ことかな。。

 

では、今回もちょっと長いので、次回に続きます!

 

※ところで、スペインに行くと町で売っているお祭り用の衣装
Traje Gitana(トラッヘ・ヒターナ/ジプシーの衣装)は、
フラメンコ衣装のようなものですが、
踊り向きではないので、大変に踊りづらいものが多いので
ご当地で購入する時は、注意が必要ですよ!!

もちろん、セビジャーナス用に一着!と、いうなら可愛くって良いかもしれませんね 😛

 

 

 

 

  • Name (Required)

  • Email (Required, but not published)

  • Url (Optional)

  • Comment (Required)