Visit our archive

こんにちわ!

スペインと日本に国交が始まって400周年ということで。。。

ちょっと、それにまつわる場所  :mrgreen:

Sevilla(セビージャ/セビリア)からバスで少し行った所に

コリア・デル・リオという町があります。

そこのお話と夏のフラメンコ・イベントのお話です 😛

 

 

コリア・デル・リオには、「ちょんまげ」スタイルのお侍さんの銅像があって、

更に、Japón(ハポン/日本)という苗字のスペイン人が沢山いるんですよ。

なんでも、400年前にコリア・デル・リオに流れ着いた「支倉常長」という方の銅像だそうです。

ここまでは、ガイドブックなんかにも載っているんで、知ってる方も多いはず。

 

さて、ガイドブックに載っていても、スペインにフラメンコ留学していた時に

なかなか、そういうところにも行かないわけですが。。

実は、この町に、私も何度か訪れました。

コリア・デル・リオにはフラメンコの大きなペーニャがあるのです!

 

ペーニャというのは、フラメンコの通な愛好家たちのグループで

フラメンコのアーティストをペーニャとして呼んで、観賞会をしたりする愛好会。

夏には、あちこちの村や町のペーニャでフラメンコの大きな催しをやるのですが、

コリア・デル・リオのペーニャは毎年、超豪華!素晴らしいアーティストを揃えた催しをやるのです。

素晴らしいフラメンコ・コンサートと聞いたら、いてもたっても居られず

夏の度に、あちこちの村に行きまくりました!

夏の野外フラメンコ・コンサートのために!!

 

以前ここにも書きましたが、スペインのフラメンコというのは、もちろんカンテ(歌)がメインです。

真夏の夜、野外でギターの伴奏でカンテを聞きます。

古い教会の壁などをを背に、ライトアップされたステージも、とても美しいのです!

ひと時の涼があるんですよね。。

セビージャは夜になっても暑いですが、コリア・デル・リオなどのように、少しでも郊外に行くと

夜は薄手のセーターを羽織りたいぐらい涼しいんですよ!

 

しかし。。。

コリア・デル・リオのフラメンココンサート然り、結構、必死の想い(?)で、そのフラメンココンサートに出かけました(笑)

車を持っているスペイン人の友人が一緒なら、話は別として。。

夕方バスに乗って、出かけたら、次の日まで、大抵の場合は帰って来れません。

コンサートで、特別に深夜バスが出ている場合もありまして、それ以外は、白タク、町に1つか2つのホテルをとる(満室も多い)

、ホテルすらない場合もあります(笑)、最悪は駅で夜明かし(1,2度やりました)

 

もうひとつ、だいじな注意点。

ペーニャによっては、一般の人や外交人も、Entrada(エントラーダ/入場料)を払って、

入れてもらうことができる場合もあります。

この、コリア・デル・リオのペーニャのEntradaは、当時は前もってペーニャから買っておかないと、

(だったと、思います。)当日は、ペーニャの会員しか入場できないタイプでした。

コリア・デル・リオは、数回行ったのですが、習っている先生の顔パス、お友達が習っている先生に便乗して入れてもらう

など、いろいろツテ、コネ?で、いれていただいたのですが。。

 

次回に続く :mrgreen:

 

  • Name (Required)

  • Email (Required, but not published)

  • Url (Optional)

  • Comment (Required)