Visit our archive

おはようございます 😛

さてさて、昨日の「フラメンコってカンテのこと」の話の続きです。

 

近年の、三位一帯の芸術であるフラメンコのスタイルが確立されたのは、

フラメンコの歴史では、随分最近の話のようです。

19世紀後半になってからの、「カフェ・カンタンテ」の時代からと言われおり、

この時代にショーとして、見せるためのフラメンコが出来たそうです。

もちろん、カンタンテというぐらいなので、ここでもメインはカンテだったわけです。

そして更に、この後、ティエント、ガロティンやタンゴ・デ・マラガなどが生まれました。

これ等は、ソレアやアレグリアス等よりも、ずっと近年に近くにできた、

より新しいパロ(用語講座参照)なのですね。

 

 

現在でも、ご当地のスペインはアンダルシアでは、フラメンコの何かの催しというと、当たり前に「カンテ・コンサート」のことなのです。

観光用には、踊りがメインに入ったタブラオ(フラメンコ・ショーを見せる店。日本と違い食べる場所は別になっている。)でのフラメンコ、

フラメンコ通は、ペーニャと言われる会員制の場所(一般も入れる場合もある)で、カンテを聴くわけです。

ペーニャで、ゲストに踊りを呼ぶのは何回かに1回という感じです。

フラメンコのTV番組もあります。

もちろん、流行のカンタオール(フラメンコの歌い手、女性ならカンタオーラ)が出てきて歌います。

ときどき、人気の踊り手が出る場合もありますが、カンテが多いです。

 

何が言いたいかというと、踊りの練習生の皆さん、

何でもいいから、沢山フラメンコの歌を聴きましょうよ!

カンテ無しに、フラメンコでは、鮭のない鮭弁当になってしまうのですから!

 

私は、良く、フラメンコ教室の生徒に

「何を聞いたらいいですか?」と、聞かれるんですが、

あえて何を聴くべきとは、あまり言いたくないのです。

好みは人それぞれなので。

あんまり、先入観を持たせたくないのです。

 

とにかく、フラメンコの音楽のCDは毎年沢山出ています。

スペインでは普通に1つのジャンルとしてコーナーがありますので。

普段から、いろいろ聴いて、常に心に響くものを探してみましょうね!

 

今時は、ご当地のスペインでは、多くのフラメンコの練習生が歌のレッスンも取る時代です。

歌がとても重要であることを、世界中のフラメンコ練習生が知っている時代です。

 

もう、踊りだけの、踊りマニアなフラメンコの練習生では時代遅れですよ!!

 

 

 

 

  • Name (Required)

  • Email (Required, but not published)

  • Url (Optional)

  • Comment (Required)