Visit our archive

ARTESANOのフラメンコ教室の皆さんは、だいたい発表会の準備、整っている頃かな?

木曜で殆どの生徒さんのレッスンが終了。

いよいよ、土曜日の本番を向かえます!

さて、皆さんは何の曲を踊りますか?または習っていますか?

ご自分の演目名が解らないなんてことも、まだまだ始めたばかりの方ならあるかもしれません。

 

:mrgreen: その10 numero(ヌメロ) スペイン語では数のこと。 英語でnumber。

お気づきですね、日本でも曲目のことを「ナンバー」と言います。

フラメンコでは、スペイン語なのでnumero(ヌメロ)になるわけです。

スペイン旅行などでも、使うことがありそうな単語なので、覚えておきましょう!

フラメンコの場合、numero(ヌメロ)曲種、演目であって曲名とは違うので、そこは押さえておきましょう!

 

~似た種類の言葉palo(パロ)~

タンゴという種類、タンギージョ、セビジャーナスという種類・・・と言う風に

その曲の種類を指してpalo(パロ)と言います。

曲の種類palo(パロ)は曲の拍子、基本的な調べ、そして歌の詩の行数によって、

曲のスタイルとしてジャンル分けされています。

 

各palo(パロ)のスタイルについては、また今度!

 

 

 

 

 

 

  • Name (Required)

  • Email (Required, but not published)

  • Url (Optional)

  • Comment (Required)