Visit our archive

本日のフラメンコ教室で、発表会の併せ稽古した皆さんは、感じましたか?

スペインから帰ってきたばかりの、フラメンコの歌い手、柏山さん素晴らしかったですね!

「水が違うと料理が違う」と、スペイン人の友人が言っていましたが、

やはり「水」なんでしょうか!?

 

さて、本日のフラメンコ用語講座は、これまた大事な単語です!

フラメンコとは切手は切り離せないものです。

 

:mrgreen:その9 compas(コンパス) フラメンコに出てくるcompas(コンパス)は、フラメンコのリズムの単位。

フラメンコのリズムの区切りのことです。スペイン語でも英語でも、同じくcompas(コンパス)はコンパスのこと。

 

 

代表的なものの例では12拍子と言われているもので、12を頭に1週して、1コンパス。

私は、アナログなのでアナログの時計でイメージするのをお勧めしています。

いろいろありますが、先ずは1週で1コンパスと定義する。

すると、初心者さんがつまずきやすい、12で1つコンパスが、とても身近なものになってくるでしょう。

私たちは、アナログの時計を形として判断して、計算しなくても、残りの時間を知ることができる訳ですから!

2拍子についても、それぞれの捕らえ方があるようですが、8ビートとはちょっと違うと思います。

似ていて異なるもの、フラメンコのアクセントを良く学びましょう。

 

まずは、振り付けも、踊る方法も、もちろんですが

フラメンコは、コンパスが解らないと、どこにどうやって踊るのか、解りません。

踊りの前に、先ず、コンパスはとても重要なものということになりますね。

 

 

 

 

 

  • Name (Required)

  • Email (Required, but not published)

  • Url (Optional)

  • Comment (Required)